初めての不動産経営

不動産の経営は初心者もできる

最近、年収が数百万円程度の一般人でも不動産経営を始めているという話を聞くことがあるでしょう。昔は知識のある人やお金持ちがやっているイメージが強かった不動産経営ですが、近年はほとんどの不動産投資会社が代わりに運営をしてくれます。
またマンションやアパートの1棟買いだけでなく、ワンルームマンションなどの小さなマンションが増えていることも一般人が不動産経営に乗り出せる背景となっています。ワンルームマンションを1部屋だけ買うやり方でも、十分不動産を経営していることになります。不動産経営は、一括購入で行うだけではありません。条件を満たすことができればローンを利用することもできますから、普通のサラリーマンでも手軽に行うことができます。
基本的には毎月の家賃収入で元が取れていきますし、不動産投資会社によっては家賃が最低保証されていることも増えています。これは入居者がいない時でも最低限の収入を確約するやり方で、収入が少ない一般人にとっては大きなメリットです。不動産経営を行うことで、未来の投資にもなります。その不動産は自分のものとして利用する事もできるようになりますし、資産として残すこともできるようになるからです。

不動産経営の魅力

不動産経営と聞くと、一般的にアパート経営が思い浮かぶと思いますが、実は多種多様な運用先、経営方法があります。例えば、幹線道路沿いに不動産を所有していれば、ファーストフード店や飲食店、チェーン店など、この土地を借りたいという希望が入ってきますので、これは良さそうだなという運用先を選ぶことができます。
駅前であればコンビニが多いですよね。また、オフィス街に土地を所有していれば、オフィスビルとして運用するのがよいでしょう。東京や大阪など大都市であれば、オフィス需要がたくさんありますから、不動産経営としては非常に固いです。このように、不動産は運用先がいくらでもあるので、その土地に最もふさわしい活用ができるんですね。
よく個人の方に対して、アパート建設で有名な不動産会社がアパート経営を勧めていますが、特段アパート需要のある地域でなければ、アパートを建てるよりも、戸建てや店舗、その他施設など、もっとその土地に見合った活用ができますので、不動産会社の言うことをうのみにしないことが重要です。大体そういった会社はアパートを建てることで稼いでいますから勧めてくるわけですが、もっと実入りの大きい運用方法を知っている人は、ほかに何かないの?といつも聞き返します。不動産は活用方法によって、その地域の魅力を大幅に高めますので、これは凄いという提案を採用することで、目いっぱい稼ぎましょう。

ニュース

2017/08/25
賃貸経営のうまみと具体的な内容を更新しました。
2017/08/25
初めての不動産経営を更新しました。
2017/08/25
経営を上手くするノウハウを更新しました。
2017/08/25
賃貸経営の面白さを更新しました。